Insomniaのチームメンバーがどうやって集まったのか

f:id:sepiamars1:20210810120149j:plain

はいどうも、Sepiaです!

今回は今僕が所属しているチームでありVCTの予選を抜けプレイオフを控えたInsomniaのメンバーがどのようにして集まったのかを紹介します!

それでは早速どうぞ!

元々Insomniaはあった

実は以前は別の方達とInsomniaというチームを組んでいました

多国籍で英語でコミュニケーションを行うミックスチーム。

その時はオーナーから声を掛けられて僕はチームに参加し、チームを結成しました。

日本人2人ロシア人2人中国人1人で構成されており、そこに僕とsmthが居ました。

そしてとある事件が発生し、その時にチームが解散する事となりました。

VCTに出たかった

VCT前にチームは解散してしまいましたが、僕はVCTに出たかったです。

なので当時からsmthが最強なのを知っていた僕は彼を誘って「一緒にVCTに出ないか?」と持ち掛けました。

そしたら彼は快く受け入れてくれて、そこで僕は新しく3人のメンバーを集める事にしました。

他の日本人3人は僕が集めました

smthがロシア人で英語でなければコミュニケーションが出来ない関係上、最初は英語が話せるメンバーを探していました。(公募もしたはず)

最初はk1llgrave選手が来てくれたんですけど、他はあまり集まりも良くなく僕の方から声を掛けたりもしました。

nagiさんは僕のCSGO時代からの友達という事もあり、僕から声を掛けた記憶があります。

そして今のメンバーが集まり、VCTに出場する事となりました!

おわりに

という事で今回はInsomniaの成り立ちについての紹介でした。

「どうやってsmthと知り合ったのか?」と聞かれる事も多かったので今回の記事を作成してみました!

ちなみになんですけど、smthとはこのチームでやる以前から知り合いで滅茶苦茶強いのも知っていました。

ランクマッチで知り合った形です。

でもここまで深く絡んだのはチームでやってから初めてで、彼の良さにも沢山気づけました!

一緒にチームでやって本当に良かったです!

このメンバーで練習を重ね、そして大会で勝ち上がったらsmthに連絡して来た最強ロシア人コーチも参加し現メンバーに落ち着いております。

大会まで残り数日しかないですが頑張っているので応援よろしくお願いします!

それでは今回の記事もこれで以上です!

また次回の記事でお会いしましょう!バーーイ!

Box1
Box2
Box3