【DUST2】 MAP名称

はじめに

はいどうも、sepiaです。

今回は私が使用しているMAP名称について紹介します。

一応、日本で使われているような紹介にしておきました。(違うかも)

f:id:sepiamars1:20190219105305j:plain

私が個人的に作ったものなので他の名称を付けている人もいるかもしれませんが、名称はプレイしている人がわかればいいので自分で作ってもいいと思います。

一度画像だけ貼って、下の方で再度解説しています。詳しい解説が欲しい方は下の方まで見に行って下さい。

MAP名称

A側

f:id:sepiamars1:20190219105601j:plain

f:id:sepiamars1:20190219105608j:plain

f:id:sepiamars1:20190219105617j:plain

f:id:sepiamars1:20190219105627j:plain

f:id:sepiamars1:20190219105637j:plain

MID側
f:id:sepiamars1:20190219105652j:plainf:id:sepiamars1:20190219105706j:plain

f:id:sepiamars1:20190219105823j:plain

B側

f:id:sepiamars1:20190219105748j:plain

f:id:sepiamars1:20190219105758j:plain

f:id:sepiamars1:20190219105813j:plain

f:id:sepiamars1:20190219105833j:plain

f:id:sepiamars1:20190219105912j:plain

詳しい解説

A側

f:id:sepiamars1:20190219105601j:plain

AロンからT字を渡って坂道になっているところがランプです。

左側にある箱は忍者BOXかヤタ箱と呼ばれています。

f:id:sepiamars1:20190219105617j:plain

Aロングの下にくぼんでいるところはピットと呼ばれています。青いコンテナのとこは青コンです。

f:id:sepiamars1:20190219105627j:plain

Aロングの上がってるところをステージと呼んでいます。これは私が呼んでいるだけなので他の日本の人は違うかもしれません。Aロンのドア張り付きは張り付きです。

f:id:sepiamars1:20190219105637j:plain

Aロングに続くドアはAトンとかAドアとか呼ばれています。

MID側

f:id:sepiamars1:20190219105652j:plain

ミッドのTベースに近いところをハイミッドと言います。影で暗いところを真っ暗、電柱をヤシ側と読んだりします。

f:id:sepiamars1:20190219105706j:plain

LTはロートンネルのことです。DDはダブルドアで、ミッドのこの2枚のドアのことを指します。XBOXはこの箱です。

f:id:sepiamars1:20190219105823j:plain

ミッドを出たところです。この画像でいうと右側はB坂、左側をCT側と呼んだりします。大まかにいうとこの辺は全部ミッドと呼ばれます。

B側

f:id:sepiamars1:20190219105748j:plain

画像の左側の出っ張って上がってるところ全体をステージやステージ側と呼びます。そのステージの中に細かい名称もあります。右側はサイト側と呼んでます。

f:id:sepiamars1:20190219105758j:plain

Bの出口辺りの名称です。Bトン出たところの箱のようなものは田代(たしろ)と私は呼んでいます。

f:id:sepiamars1:20190219105813j:plain

ミッドとBを繋ぐところら辺です。Bドアはの出たところはZ(ゼット)と呼ばれています。窓出たところの隠れられるところは工事現場と呼ばれています。

f:id:sepiamars1:20190219105833j:plain

Bトンネルです。私はあんまり細かい名称を付けてません。

f:id:sepiamars1:20190219105912j:plain

LTはロートンネルのことです。

おしまい

今回の記事は以上です。

場所によっては更に細かい名称が欲しくなったりすると思うのでその時は自分で作ってみて下さい。

また、私の使っている名称は他の有名な日本の方々とは異なっていたりするかもしれませんが名称は自分の友達に伝わる名称を共有しておけばなんでもいいと思います。

それではまた次回の記事でお会いしましょう、バーーイ!

Box1
Box2
Box3