松本人志のドキュメンタルを見た感想

はいどうも、sepiaです。今回の記事はamazon primeで松本人志のドキュメンタルをシーズン1~5まで見終わったので、それを見た感想を綴っておく記事になります。

まず私はドキュメンタルを普通に「楽しむ」という目的の他に「どうやったら人を笑わせられるのか」という点にも注目して見ていました。

知り合いとの通話では自分自身がはっちゃけてツッコミを貰うことで人を笑わすことが出来るのですが、最近は配信をしたりすることも増え、自分一人でも人を笑わせられたらいいと思ってたんですよね。それでは早速感想の方へどうぞ。

まずドキュメンタルを見終わって思ったことは「芸人って凄い」というものでした。いきなり振られた物を面白くして返す事をあんな簡単にやり遂げてしまうなんて...。それも全部コツがあるんでしょうが、ほとんどの事を面白く返すことが出来ることが凄かったです。

後は普通にほぼ全てのシーンが面白かったのにも関わらずなんであんなに「笑いを我慢」出来るんだろうという気持ちもありました。私は見ながらゲラゲラ笑いが止まりませんでした。特にジミー大西さんが出てくると私は笑いを堪えられませんでした。あの人の空気感、実際に見てみたいと思わされる程面白かったです。また、個人的にはクロちゃんがあそこまで笑わない事にも驚きました。彼の頭の中はどうなっているんでしょうか?気になります。

人を笑わせるコツについては色々な気付きはありましたが確信を持って言えることは見つかりませんでした。ただ気づいた事として

  • 下ネタ
  • 面白かった事を時間が経ってからもう1度ふっかける

は個人的に面白いのかなーと思いました。タイミングはあるでしょうがそこは駆け引きのようでした。

感想を 簡単に書くとこんな感じです。思ったことは沢山ありましたが今回は短く終わらせておきます。ただ今後生きていく上で何か配信をしたりするならお金を払ってでも人を笑わせる方法という知識は手に入れたほうがいいのかな?と少し感じました。あとCSGOでBOT撃ちしながら見れなかったのはちょっと残念でした。

それではまた次回の記事で~(^^)/~~~

Box1
Box2
Box3