【NaVi】The story of s1mple 【翻訳】

The Story of s1mple

はいどうも、sepiaです。

今回はThe Story of s1mpleを翻訳してみました。

現在、少しずつ翻訳中ですのでまだ書き終わっていないところはこれから追加されます。

←?は自分で後で直すと思われる場所です。

原文

www.youtube.com

生い立ち (ナレーター)

「s1mple」(Oleksandr Kostyliev) は4歳の時にカウンター・ストライクを始めました。

彼は子供の頃、ウクライナで兄「Alexey」の指導の元育ちました。

Alexeyがキーボードを操作し、s1mpleはマウス役でした。

s1mpleが成長するにつれ、2人の兄弟は世帯の唯一のコンピュータを巡って絶えず喧嘩をしていました。

母親によるs1mple紹介

Sasha(s1mple)はとても活発的な子供でした。

彼はプロペラのようでした。

彼はいつも誰かと喧嘩をしていました、いつもです。

同様に、彼はこの要素をコンピューターゲームの中でも持っていました。

夜遅くまでコンピュータークラブに居残り、翌日彼は朝7時に起きて学校へ行き、そして良い成績を獲得しました。

CSGO初期(ナレーター)

2012年にCSGOが発売されたとき、s1mpleはわずか15歳でした。

そして1年後、彼はLAN Dodgersと呼ばれるウクライナのチームとしてセミプロデビューをしました。

主にライフラーとして。

 

s1mpleは2014年初頭にCourage Gamingに入隊し、ヨーロッパで「有望な才能」という評判を獲得し始めました。

StarSeriesの直後にs1mpleは内部問題の為Courage Gamingを去り、Amazing Gamingと名前を変更したDODGERSへ再入隊しました。

この時s1mpleは初めてAWPを取りました。

 

s1mpleは17歳の2014年中頃、MarkeloffとDosiaのいるHellRaisersに加入して大ブレークしました。

そしてチームはStarSeriesで彼のパフォーマンスを見て、彼の否定できない才能に気づきました。

s1mpleを使った最も注目に値する実績は、DreamHack winter 2014でした。

世界最高のチーム、Fnaticを破ったのです。

大きな勝利と同時に、チームは準々決勝で最終的にNiPに敗北しました。

彼のプロとしてのキャリアの初期に、s1mpleは若き天才として見られるようになりました。

新世代の才能、輝かしい兆しを見せていて、そしていまだに成長する余地があります。

Richard Lewis(アナリスト)

私は全てのバージョンのカウンター・ストライクシリーズを見てきました。

私は滅多にs1mpleのような剥き出しの才能と能力を見た事がありません。

ナレーター

 s1mpleのランクはEUのCSGOでDreamHackまで着実に上がっていきました。

しかし数か月後、彼は突然ESLからBANされHellRaisersと別れを余儀なくされました。

彼はBANされている間、ほぼ全員ウクライナ人のFlipsid3 Tacticsと契約しました。

Flipsid3はHellRaisersがしないことを約束し、ESLイベントへスタンドインさせることを同意しました。←?

彼は2015年7月までFlipsid3に所属し、この時チームとの関係は「内部問題」のため再び終了しました。

- s1mpleにやってくる事の予兆です。

B1AD3 (元チームメイト/Flipsid3)

「私がs1mpleについて言える事といえば、最も厄介だったのは彼がTOXICだった時です。もし彼を見れていたら、彼は試合中本当にTOXICであり、そして彼は人を激怒させていました。」←?

ナレーター

Markeloffは後に何故チームが解散したのかを詳しく説明しました。

s1mpleはいつも叫びながら口論をし、チームメイトを批判し過ぎており、「チームの相性を傷つけている」とMarkeloffは語りました。

Markeloffは、この損失はコミュニティーが思っていた程大きくはないと考えました。

s1mple効果が生まれたのはここで、彼の今後2年のキャリアを予兆させるものでした。

しかし解散している中でさえ、s1mpleは神のようなAIMと信じられない程の信用があるとMarkeloffは認めました。

これはCS:GOコミュニティでs1mpleの評判となり始めました。

彼の才能は否定できません。

彼は今まで見て来たほとんどの若いプレイヤーよりも自信を持ってプレイしていました。

そして彼の行ったプレイは、シンプルで、信じられないものでした。

 

Box1
Box2
Box3